革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

年数のたった車も買取に

年数のたった車も廃車にせずに買取に


10年以上の年数を経過している車に乗っていると、車検の度にそろそろ廃車にしようかなと思う人が多いですよね。

整備にお金がかからないうちは、ギリギリまで乗っているにしてもあちこちにガタがくるようになってくると、整備をするのにもお金がかかるため廃車を考えるようになります。

このような車はもう寿命だと考えがちですが、実際には日本の車というのは非常に頑丈であるため、10年程度で駄目になるということはないのです。

もちろん、いくら頑丈な日本車とはいえ整備をせずに乗り続けるということはできないので、10年を境に一度大きな整備が必要となりますが、それをしてしまえば再び車は乗り続けることができ、また10万キロ以上走ることも可能になってきます。

そこで、問題なのはそこまでして乗り続ける必要があるのかということが、問題になってきます。

整備といっても消耗部品を交換する程度で済むのですが、その交換には部品代であったあり工賃であったりと色々なお金が発生することになります。

そして、これらをまとめて行うとなると数十万円といった費用がかかることになりますが、状態の良い車があふれている日本においてそこまで古い車にお金をかけて乗り続ける必要があるのかという問題が出てくるのです。

そうなった場合、多くの人は乗り換えることを選択し余った車というのは当然買取手も見つかりませんから、廃車にするより他になくなってしまいます。

しかし、値段がつかないと思っていてもそれはあくまでも国内に限った話であり、信頼性の高い日本の車というのは古い車であっても海外では非常に人気が高いのです。

そのため、販売ルートを国内にしかもっていないような中古車屋では値段がつかない車であっても、海外の販売ルートを持っている業者であれば廃車にするしかないと考えていた車であっても、買取をしてもらうことは不可能な話ではないのです。

もちろん、状態の良い車を中古車屋に売るのと同じような金額で買取をしてくれるというところまでは行きませんが、それでもお金を出して廃車にしようと思っていた車が、想像以上の金額で売れるということは少ないことではないのです。

日本では寿命だと思われている古い車であっても、質の良い車の少ない海外の国からすれば信頼性の高い日本車ということで非常に高い人気を誇っているということは少なくありません。

そのため、廃車しかないと思っていても一度買取に出してみる価値はあるのです。”