革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

買取廃車依頼

軽自動車を買取廃車依頼する場合の必要書類について

私たちの生活に欠かすことのできないライフラインの一つといて自動車の存在は欠かすことはできません。

ビジネス・プライベートを問わず、あらゆるシーンにおいて私たちは便利に自動車を利用していますし、日常生活の足として私たちの日常に深く根付いているといっても過言ではないでしょう。

特に近年人気を集めているのが軽自動車となります。燃費がよく小回りが利くため街乗りには最適だといえますし、最近では高性能でデザインが良いものも多いため、年齢・性別を問わず多くの人に愛用されているのです。

しかしながら、軽自動車は普通自動車と比較した場合、車体が軽い分強度が劣る部分があり、事故などに遭った場合、車体が修復不能となるケースが多いといえます。
また通常使用の場合でも使用年数が10年、或いは走行距離が10万キロを超えた場合は買い替えの目安となります。まだ走行ができる場合でも買い替えの目安を超えますと事故に遭うリスクが高くなってしまいますので、よく考えて買い替えを検討したいですね。

自動車が修復不能なほど破損してしまった場合や寿命によって自動車の買い替えを行う場合、新しい自動車の購入と同時に古い自動車の廃車手続きを行う必要があります。

一般的な自動車ディーラーなどで廃車手続きの代行を依頼する場合、手数料をはじめ各種経費が必要となるため、それなりに代金がかかってしまいます。
しかし、廃車買取を専門的に行っている業者を上手に活用することで廃車にかかる費用を抑えることが可能となります。

もう動かなくなった軽自動車であっても、解体をして部品取りをすることで中古パーツとして再利用することができるのです。廃車買取を専門的に行っている業者は以外にも多くあり、インターネットを利用することで簡単に業者を見つけて申し込みをすることができます。
これによって廃車にかかる費用を抑えることができ、売却金を受け取ることができるので、2重のメリットを得ることができるのです。

廃車買取業者を通じて廃車手続きを行う場合、代理手続きのような形で陸運局で登録抹消手続きを行うため、通常の売買取引とは異なり、登録抹消のための必要書類を用意する必要があります。

車検証やリサイクル券などはもちろんですが、特別な書類としては譲渡証明書・委任状・印鑑証明書が必要となり、委任状には実印の捺印が必要となります。

委任状などは廃車買取専門業者から送られてきたり、業者のホームページからダウンロードすることで入手ができます。速やかに廃車手続きを済ませるためにも、しっかりと準備をしたいですね。”